ぎっくり腰・腰痛を改善する為の大事なポイント

ぎっくり腰・腰痛を改善する為の大事なポイント

 

こんにちは。

奈良県香芝市でぎっくり腰・腰痛特化整体を提供する

Tri整体院より津守がお送りします。

 

このブログではいろいろな腰痛改善法や

体のいろいろな秘密について発信しています。

 

腰痛改善にかかわる筋肉と言えば

中殿筋の影響が非常に大きいです。

 

/////////////////////////////////////////////

Tri整体院【整体×トレーニング】

奈良県香芝市五位堂3-602-1エムエフビル101
0745-76-4711
10:00~20:00(予約制)

//////////////////////////////////////////////

 

 

中殿筋というのは筋肉は

気を付けの姿勢をした時に

が当たる位置にある骨盤の筋肉です。

 

骨盤と股関節をサイドから繋いでいます。

 

中殿筋の働きは主に二つ。

■足を真横に上げる

■骨盤を支える

 

中殿筋の柔軟性や筋力が低下すると

「骨盤を支える力」が弱くなったり

「骨盤の動き」を邪魔してしまいます。

 

骨盤の動きが悪くなると

股関節の動きが非常に悪くなり

腰痛になりやすくなります。

 

 

骨盤の動き(股関節の動き)が悪いとどうなるか?

 

腰を前後に動かすと

腰だけでなく股関節も一緒に大きく動いています。

 

股関節・骨盤の動きがなくなると

腰単独の動きが非常に大きくなり

腰の筋肉の負担が増えてしまいます。

 

中殿筋が固くなる

骨盤・股関節の動きが悪くなる

腰の動きが増える

腰の筋肉が疲労する(負担が増える)

腰痛・ぎっくり腰になりやすくなる

 

このような流れになります。

 

 

そこでまずは中殿筋を緩めたいところです。

 

ストレッチをしたいところなのですが

中殿筋をストレッチする方法は

経験者でも実は非常に難しいです。

 

 

 

中殿筋をストレッチしようとしても

中殿筋が伸びる前に

大きな筋肉(腰方形筋や大腿の外側)が

先に伸びてきます。

 

中殿筋をストレッチして緩まる前に

他の筋肉に邪魔されてしまい

十分に中殿筋を伸ばせません。

 

 

だから中殿筋を直接弛緩させる必要があります。

 

中殿筋をマッサージや指圧してもらうのが

腰痛改善の近道になります。

 

でも実は自分で押す方法もあります。

 

中殿筋は身体の側面にあり

腕に力が入りにくい部分ですが

とある方法で寝ながら中殿筋を弛緩させる方法があります。

 

 

以下の動画で紹介してますので

是非見てくださいね(*´ω`*)

 

以上、奈良県香芝市のTri整体院より

津守がお送りしました。

 

それではまた。